Linux から Windows へ

Linux でデスクトップ環境を構築するのをこの春でやめた. 丸21年間 Linux を主OSとして使ってきたが, 今は Windows 8.1 Pro を使っている.

Windows に移行してもいいんじゃないかと思いはじめたのは, ウェブブラウザーばかり使っていることに気づいたとき. メールもカレンダーも Todo も専用アプリケーションではなくブラウザーの中で動いている. それらをちゃんと動かすため, Arch Linux に Firefox や Chrome を入れて使っていた. それ以外に毎日起動するのは Emacs だけで, これは org-mode と howm 専用だった.

ここ12年ほどは Linux だけでなく Windows もないと困ることが多く, 常に2台のPCを動かしていた. Windows だけにすればPCも1台で済む. というわけで試しに Arch Linux なしで春から過してみた. ファイルのバックアップが手軽にできるかどうかだけが不安だったが, Linux で使っていた Duplicati も動くしOS標準の 「ファイル履歴」 機能も十分実用的だった. org-mode は LaTeX を経由して自分用の印刷物を書くために使っていたので, Word 2013 にしてしまっても特に問題にはならなかった. howm だけは代替物がないので NTEmacs を試してみたがどうも違和感が消えず, それならばと今まできちんと使ったことのない Vim + QFixHowm にしてみた.

以来4か月. 完全に Linux 抜きで生活している. Linux そのものは今後も使いつづけるつもりではあるけれど, 大学でVAXを使っていたころのようにキャラクターベースで使うつもり. 国内の Virtual Private Server を契約してSSHで遠隔ログインというのがいいんじゃないかと思っている.

広告