安いペーパードライバー講習3種を受けてみた

気がついたら14年もののペーパードライバーになっていた。これは講習を受けた方が良さそうだと思ったが,そう思いついた8月は自動車教習所の繁忙期。予約を取るのは難しそう。ペーパードライバー専門の出張講習業者も良さそうだったけど,車を持っていない自分の所まで来てもらってもあまり意味がないし料金も高め。というわけでほかを当たってみた。

タイムズレッスン

まずは駐車場のタイムズが主催している タイムズレッスン の予約が取れたので行ってみた。無料で20分。駐車のみの練習。

立体駐車場が会場だったので駐車している車の横にでも停めるのかとはらはらしていたが違った。屋上を丸ごと使っての練習。14年ぶりの運転再開にはちょうどよい広さだった。車には先生が同乗してハンドルを切るタイミングを教えてくれる。自分は切りはじめるのが少し早いと注意を受けた。

最後に写真を撮られる。これは断わることもできるようだったけど,断わる理由もないので受け入れた。今後の宣伝に大勢の一人分として使うのだろうけど,実際にもう使われたのかどうかは知らない。

MEGA WEB 脱!ペーパードライバー講習

予約が取れた順番は3番めだが日程としては2番めに行ったのが,トヨタが主催している MEGA WEB 脱!ペーパードライバー講習。300円で1時間と太っ腹。しかし開催日程が事前には分からず,ウェブサイトを毎日確かめなければならなかった。

まずは周回コースを2周。ただぐるぐる回るだけでなく狭くなっている部分がある。教習所のような非現実的な狭い道ではなく,ありそうな狭さだった。

そのあと簡単な点検の講習と死角を確かめる講習。点検の方は覚えていることばかりだったが,まったくボンネットを開けたことがない人や空気圧を気にしたことのなかった人には役に立つと思う。一方の死角については役に立った。ずっと運転席に座っていなかったから,死角だらけだと再確認できたのは有意義だった。

次に普通の駐車。やはり駐車を教えてもらうのが最も役に立つ。最後に縦列駐車。これは車を持っていたときにもほとんどしたことがなかったので難しかった。

ここで面白かったのは,それぞれの教習ごとに車も同乗する先生も変わること。いろいろな車に乗ってもらおうという自動車メーカーらしい配慮か。

Honda ドライビングスクール

最後に受けたのがホンダの ドライビングスクール。初級車庫入れマスターサンセットというコースに参加してきた。6,500円で2時間。

これは先生が同乗せず独りで練習する。先生の車のあとについて自動車教習所のコースを少し走り,用意された練習場所でひたすら駐車の練習。もちろん先生が手本を見せてくれるし,ときどき見回りに来て助言してくれる。途中休憩をはさんで2時間みっちり練習できたが,やはり独りだとうまく駐車できないと分かった……。

広告