Void Linux での TeX Live のインストール

Auto Multiple Choice はLaTeXを使うので,先に Void Linux のパッケージから TeX Live 2017 を入れてみた。どうやらこのパッケージは本元から TeX Live をダウンロードして /opt 以下にインストールするだけのものらしい。元々そうしたいと思っていたので好都合。TeX Live とはそもそもどういうものなのかは, TeX Live を使おう というページがとても参考になった。

インストールが妙に早く終わったので変だなと思っていたら,案の定日本語関連パッケージが入っていない。これについては TeX Wiki に 理由が載っていた

scheme-basic,scheme-small,scheme-medium には日本語の LaTeX 文書作成に必要なパッケージが含まれていません.

Void Linux では scheme-small で TeX Live がインストールされる。TeX Wiki で 示されている ように「tlmgr install collection-langjapanese」することで,日本語の使えるパッケージ一式を追加インストールすることができた。

広告