Auto Multiple Choice のインストールは疲れる

Void LinuxAuto Multiple Choice をインストールした。パッケージにはなっていないので手作業にて。

Perlのライブラリが足りない

自分でインストールしてみて初めて知ったのが,ほとんど Perl で書かれていること。 そしてそれが苦労の理由となった。要求される Perl のライブラリはほとんど Void のパッケージになっていたがすべてではなく,いくつかはcpanmを使ってインストール。

PDFtkがない

Auto Multiple Choide 内部でも make install するときにも PDFtk が使われている。内部の方は必須ではなく回避できるので放っておいたが,インストールするときにないのは困る。しかしパッケージにPDFtkはなく,以前はあったような痕跡のみ見つかる。 自分でビルドするのも難しそう なので QPDF で代用。

UTF-8の取り扱い方が古い

実行してみると,このやり方はもう使えないよという意味のエラーが出る。Perlとはなるべく関わらないようにしていたので知らなかったが,Perl5でのUTF-8の扱いは幾度か変わっているようだ。該当部分を書き換えて対処したが,正しい書き方なのか自信はない。今後もPerlとは距離を置こうと決心した。

こいつのためだけにDebianを使うのもありか

自分で入れるものは独自に管理したいので porg を使うことにした。何度もインストールをし直したが,porgのおかげで楽ができた。

Debian GNU/Linux で Auto Multiple Choice を使うと LANG=ja_JP.UTF-8 の環境ではうまく動かせなかった。問題の作成からスキャンしたマークの読み取りまでは問題なくできるのに,その先の名簿とのつき合わせなどができない。LANG=Cで Auto Multiple Choice を起動し,初めからの手順を踏むとうまくいく(en_US.UTF-8でも大丈夫かもしれないが試していない)。今回自分でインストールしたものもまったく同じだったので, Auto Multiple Choice 自体の問題なのだろう。

これなら Debian GNU/Linux のパッケージを素直に使う方が楽だ。Debian のメンテナさんはすごい。 Void Linux は今のところ使いつづけようと思っているけれど,自分でインストールしたこいつは消してしまいたくなった。こいつのためだけに仮想環境に Debian を入れて使うのもありだろうと思う。

参考にしたページ

https://qiita.com/debug-ito/items/7caaecf6988870973438

http://perldoc.jp/docs/perl/5.22.1/perlunifaq.pod

http://itouhiro.hatenablog.com/entry/20130224/perl

https://qiita.com/japboy/items/57063e3e0fc021617dd3

広告