Auto Multiple Choice のインストールは疲れる

Void LinuxAuto Multiple Choice をインストールした。パッケージにはなっていないので手作業にて。

Perlのライブラリが足りない

自分でインストールしてみて初めて知ったのが,ほとんど Perl で書かれていること。 そしてそれが苦労の理由となった。要求される Perl のライブラリはほとんど Void のパッケージになっていたがすべてではなく,いくつかはcpanmを使ってインストール。

PDFtkがない

Auto Multiple Choide 内部でも make install するときにも PDFtk が使われている。内部の方は必須ではなく回避できるので放っておいたが,インストールするときにないのは困る。しかしパッケージにPDFtkはなく,以前はあったような痕跡のみ見つかる。 自分でビルドするのも難しそう なので QPDF で代用。

UTF-8の取り扱い方が古い

実行してみると,このやり方はもう使えないよという意味のエラーが出る。Perlとはなるべく関わらないようにしていたので知らなかったが,Perl5でのUTF-8の扱いは幾度か変わっているようだ。該当部分を書き換えて対処したが,正しい書き方なのか自信はない。今後もPerlとは距離を置こうと決心した。

こいつのためだけにDebianを使うのもありか

自分で入れるものは独自に管理したいので porg を使うことにした。何度もインストールをし直したが,porgのおかげで楽ができた。

Debian GNU/Linux で Auto Multiple Choice を使うと LANG=ja_JP.UTF-8 の環境ではうまく動かせなかった。問題の作成からスキャンしたマークの読み取りまでは問題なくできるのに,その先の名簿とのつき合わせなどができない。LANG=Cで Auto Multiple Choice を起動し,初めからの手順を踏むとうまくいく(en_US.UTF-8でも大丈夫かもしれないが試していない)。今回自分でインストールしたものもまったく同じだったので, Auto Multiple Choice 自体の問題なのだろう。

これなら Debian GNU/Linux のパッケージを素直に使う方が楽だ。Debian のメンテナさんはすごい。 Void Linux は今のところ使いつづけようと思っているけれど,自分でインストールしたこいつは消してしまいたくなった。こいつのためだけに仮想環境に Debian を入れて使うのもありだろうと思う。

参考にしたページ

https://qiita.com/debug-ito/items/7caaecf6988870973438

http://perldoc.jp/docs/perl/5.22.1/perlunifaq.pod

http://itouhiro.hatenablog.com/entry/20130224/perl

https://qiita.com/japboy/items/57063e3e0fc021617dd3

広告

Thinkpad X121e に Void Linux を入れた

Debianではパッケージのバージョンが古いことがあるので,また Arch Linux に入れ替えようかと考えていた。念のために最近のArchについて情報を集めている途中で Void Linux というディストリビューションがあることを知り,ほかのディストリビューションからの派生ではないという点が気に入ったので Thinkpad X121e に入れてみた。

久しぶりにOSのインストールをしてみてつまづいたのは,パーティションのファイルシステムタイプやマウントポイントを指定しても反映されていないように見えること。ここで何度もやり直したが,実は気にせず先に進むだけでよかった。インストールを始める時点でファイルシステムの構築が始まった。ほかのディストリビューションのインストーラもこんなんだったか?

それ以外はまったく問題なくインストールが済んだ。何もせずにXFCEのデスクトップまで動いている。Windowsをメインに使うことにしている今になってLinuxを使う主な理由は Auto Multiple Choice なので,次はパッケージになっていないこいつを手動でインストールしよう。

てきぱき家計簿マム9を試す

昨日入れた ファイナンシャルプランナーが作った家計簿3 を使いはじめたが, 設定も入力も直感的に分からないことが多くて使いにくかった。 代わりに うきうき家計簿 を試してみたら, こちらは分かりやすい。 しかし売り物の Superうきうき家計簿のページにさえ Windows 10 への対応状況が未だに書かれていない。 無料版が Windows 10 できちんと動いているので問題はないのだが, なんとなく使いつづける気にはならなかった。

その次に入れてみたのが てきぱき家計簿マム9 で, こちらも直感的に使えた。 唯一すぐには分からなかったのがレシート入力でない普通の支出入力方法。 「明細一覧」というボタンから入力するなんて思いつかない。 PaSoRi に対応しているようなので Suica で支払った交通費などの入力が楽になるかもしれない。 ファイナンシャルプランナーが作った家計簿3 を使うのはやめて, こちらをもう少し試用することにした。

安いペーパードライバー講習3種を受けてみた

気がついたら14年もののペーパードライバーになっていた。これは講習を受けた方が良さそうだと思ったが,そう思いついた8月は自動車教習所の繁忙期。予約を取るのは難しそう。ペーパードライバー専門の出張講習業者も良さそうだったけど,車を持っていない自分の所まで来てもらってもあまり意味がないし料金も高め。というわけでほかを当たってみた。

タイムズレッスン

まずは駐車場のタイムズが主催している タイムズレッスン の予約が取れたので行ってみた。無料で20分。駐車のみの練習。

立体駐車場が会場だったので駐車している車の横にでも停めるのかとはらはらしていたが違った。屋上を丸ごと使っての練習。14年ぶりの運転再開にはちょうどよい広さだった。車には先生が同乗してハンドルを切るタイミングを教えてくれる。自分は切りはじめるのが少し早いと注意を受けた。

最後に写真を撮られる。これは断わることもできるようだったけど,断わる理由もないので受け入れた。今後の宣伝に大勢の一人分として使うのだろうけど,実際にもう使われたのかどうかは知らない。

MEGA WEB 脱!ペーパードライバー講習

予約が取れた順番は3番めだが日程としては2番めに行ったのが,トヨタが主催している MEGA WEB 脱!ペーパードライバー講習。300円で1時間と太っ腹。しかし開催日程が事前には分からず,ウェブサイトを毎日確かめなければならなかった。

まずは周回コースを2周。ただぐるぐる回るだけでなく狭くなっている部分がある。教習所のような非現実的な狭い道ではなく,ありそうな狭さだった。

そのあと簡単な点検の講習と死角を確かめる講習。点検の方は覚えていることばかりだったが,まったくボンネットを開けたことがない人や空気圧を気にしたことのなかった人には役に立つと思う。一方の死角については役に立った。ずっと運転席に座っていなかったから,死角だらけだと再確認できたのは有意義だった。

次に普通の駐車。やはり駐車を教えてもらうのが最も役に立つ。最後に縦列駐車。これは車を持っていたときにもほとんどしたことがなかったので難しかった。

ここで面白かったのは,それぞれの教習ごとに車も同乗する先生も変わること。いろいろな車に乗ってもらおうという自動車メーカーらしい配慮か。

Honda ドライビングスクール

最後に受けたのがホンダの ドライビングスクール。初級車庫入れマスターサンセットというコースに参加してきた。6,500円で2時間。

これは先生が同乗せず独りで練習する。先生の車のあとについて自動車教習所のコースを少し走り,用意された練習場所でひたすら駐車の練習。もちろん先生が手本を見せてくれるし,ときどき見回りに来て助言してくれる。途中休憩をはさんで2時間みっちり練習できたが,やはり独りだとうまく駐車できないと分かった……。

Livedrive を解約した

おととしの9月に  Livedrive を2年払いで契約した。自動更新される前に解約しようと思い,そのやり方を調べてみたらサポートチケットで頼まなければならないという。めんどくさい。以前海外のVPSで同様のめんどくささを体験して懲りたはずなのに,また同じ轍を踏んでしまった。

昨日の朝にサポートチケットに書き込んだが,その日のうちには音沙汰がなかった。ところが今朝になったらもうログインできなくなっている。一度向こうから確認の返事が来るようなことが書いてあったのだが,確認なしでいきなりアカウントが消されたということ? メールもないし。まあそれで解約できているのならいいけど,9月に再課金されていないかどうか確かめるまで安心できないな。

[2015-12-02] 追記。再課金はされていなかった。

CP-F03a のストレージは本当に少ない

予備のスマートフォンとして Covia CP-F03a を買ってから数か月経つ. 最小限のアプリだけを入れたつもりだったが, 最近になってストレージ不足でアプリの更新が失敗するようになった. おかげでせっかく入れたATOKを消したりしてやりくりする羽目になっている.

今CP-F03aに入っているのは, CalenGoo, Todoist, Outlook.com, Emoney Reader だけ. これでいっぱい. 予備として持っているのでこれでもなんとかなるが, これを主に使おうとすればストレージの容量不足に悩まされることだろう.

[2014-10-15] 追記. 自分の早とちりだった. ファームウェアを更新したらなぜかストレージが空いた.

Linux から Windows へ

Linux でデスクトップ環境を構築するのをこの春でやめた. 丸21年間 Linux を主OSとして使ってきたが, 今は Windows 8.1 Pro を使っている.

Windows に移行してもいいんじゃないかと思いはじめたのは, ウェブブラウザーばかり使っていることに気づいたとき. メールもカレンダーも Todo も専用アプリケーションではなくブラウザーの中で動いている. それらをちゃんと動かすため, Arch Linux に Firefox や Chrome を入れて使っていた. それ以外に毎日起動するのは Emacs だけで, これは org-mode と howm 専用だった.

ここ12年ほどは Linux だけでなく Windows もないと困ることが多く, 常に2台のPCを動かしていた. Windows だけにすればPCも1台で済む. というわけで試しに Arch Linux なしで春から過してみた. ファイルのバックアップが手軽にできるかどうかだけが不安だったが, Linux で使っていた Duplicati も動くしOS標準の 「ファイル履歴」 機能も十分実用的だった. org-mode は LaTeX を経由して自分用の印刷物を書くために使っていたので, Word 2013 にしてしまっても特に問題にはならなかった. howm だけは代替物がないので NTEmacs を試してみたがどうも違和感が消えず, それならばと今まできちんと使ったことのない Vim + QFixHowm にしてみた.

以来4か月. 完全に Linux 抜きで生活している. Linux そのものは今後も使いつづけるつもりではあるけれど, 大学でVAXを使っていたころのようにキャラクターベースで使うつもり. 国内の Virtual Private Server を契約してSSHで遠隔ログインというのがいいんじゃないかと思っている.

いつの間にか Markdown で書けるようになっていた

ここの利用登録をしたときには Markdown なんて使えなかったように思うけど, いつの間にか 使える ようになっていた. 早速動作確認.

ちゃんと Markdown で書ける. しかしひとつの記事をひとつの Markdown 文書としてダウンロードすることはできなさそう. XMLでエクスポートしてローカルに置いておくだけでも記事の検索には十分なので, 妥協するとしよう. QTM を使うのをやめて今後はログインして直接書くことにする.

QWERTY

Surface 2 (Proではない方) やChromebookが欲しくなった. 安くて軽いというのがその理由. 特に Surface 2 は店頭で触ってみたらWordのアウトラインモードまできちんと動くことが分かり, うっかりその場で買いそうになった.

しかし問題になるのがキー配列. 両方ともキー配列の変更はできず, QWERTYで英語も日本語も打つことになる (JIS X 6002 仮名配列は無視). はたしてそんな苦行に耐えられるのかと思い, 試しに1週間だけColemakも新JISも封印してQWERTYだけで生活することにした.

以来 1か月 , 大きな不都合もないまま過ごせてしまった. 困るのは左手の小指が少しつらいくらいで, これはAを打つ負担に加えて Ctrl, Shift, Tab も加わるからだと思う. 逆によいことといえば妙な開放感を味わえたこと. キー配列を変えている機器と変えられずにQWERTYのままでいる機器とで運指を変える必要がなくなり, キー配列が変えられないことで敬遠していたインプットメソッドも気軽に試せるようになった. 小指の問題が我慢できないほどになったらエルゴノミックキーボードを買うなりすれば解決できそう.

というわけで今後はQWERTYを使い続けることにした. 非標準のキー配列を10年以上使ってきたけれど, それもとりあえずおしまい. 気まぐれなので, またいつか非標準キー配列を使う日が来るかもしれないけど.

私的なメーリングリストを「つくるーぷ」へ移行

友達どうしの連絡に永らくメーリングリストを使ってきた。最近になって困るようになったのが携帯電話会社の迷惑メール対策。携帯電話の利用者がこれを有効にしてしまうと,メーリングリストからのメールがなりすましと判定されて受信されないことがある。差出人が携帯電話のアドレスだとまずそうなる。

全員がスマートフォンだったならばメールを捨ててほかの通信手段に移行すればよさそうだが,ガラケーが混ざっているのでそうもいかなかった。どうしたものかと検索して Yahoo! Japan の つくるーぷ を知り,早速移行してみた。

つくるーぷはスマートフォンのアプリと Yahoo ID を持っている人どうしはアプリでメッセージをやりとりし,それ以外の人とはメールでやりとりする。少なくとも管理人になる人だけはスマートフォンのアプリと Yahoo ID を持っていなければならない。

管理人がグループを作ると tklp.jp ドメインに専用のメールアドレスが作られる。誰が投稿したメッセージでもメールはそのアドレスが差出人となって配信されるため,なりすましにはならない。投稿者の名前は本文中に記載される。メールでの投稿にも同じアドレスを使うため,誰かのメッセージへの返信は普通にメールで返信するだけでよい。

さすがに tklp.jp ドメインからのメールが受信拒否されるようなドメイン指定型のフィルターを適用されていたらだめだけれど,今回は大丈夫だった。自動的に送られる登録通知のメールに使い方も書いてあるため,特に混乱も生じなかった。