いつの間にか Markdown で書けるようになっていた

ここの利用登録をしたときには Markdown なんて使えなかったように思うけど, いつの間にか 使える ようになっていた. 早速動作確認.

ちゃんと Markdown で書ける. しかしひとつの記事をひとつの Markdown 文書としてダウンロードすることはできなさそう. XMLでエクスポートしてローカルに置いておくだけでも記事の検索には十分なので, 妥協するとしよう. QTM を使うのをやめて今後はログインして直接書くことにする.

広告

QTMでの失敗

先ほど「また新JIS」という記事を投稿した際,保存をしないまま投稿してQTMを終了させてしまった。そうするとWordpress上にだけ記事が存在する状態になる。小さな記事だからそのままにしておくことにしたが,次からは気をつけねば。

QTMを使ってみる

org-mode がバージョン8になり,org2blog が機能しなくなった。パッチを作ってくれた人がいた ので前回の投稿はそのパッチをあてたorg2blogでしてみたが,ほかのエディターも試してみる気になった。

条件はテキストファイルとして保存できること

オフラインで記事を書くためのエディターに求める機能はただ一つ,HTMLではなくただのテキストファイルとして手元にファイルを残せること。

その条件に合う単体のブログエディターは意外に少なく,QTM しか見つけられなかった。QTMはMarkdownに対応していて(外部のプログラムを呼び出しているだけだけど),Markdownで書いたファイルがそのまま保存される。画像の投稿機能がないのが残念だけど,自分がそんなに画像を投稿するとも思えないのであまり問題にはならない。

org2blogで投稿してみる

blogpost では一度投稿した記事を書き換えると日付が進んでしまう という不具合が起きた。

簡易マークアップで書いてwordpress.comに投稿する方法が ほかにないかと探したら, org-modeで書いて投稿する org2blog があった。あるだろうなとは 思っていたけどなるべくEmacsに依存したくないのであえて 探さないでいた。しかしEmacsは howmorg-mode 専用にする という自分への縛りには抵触しないので使ってみる。

投稿

とりあえず新規投稿を試してみた。うまくいっている。blogpost と異なり,下書きとしてWordpressに送ってから公開するという 2段階の手順を踏むことも,いきなり公開することもできるようだ。

書き換え

一度投稿した記事の書き換えもうまくいった。日付の問題は 今のところ見られないが,夜にもう一度試してみないと分からない。

書き換えも問題なし

夜に試してなんの問題もなかった。blogpostでうまくいかなかった のは,wordpress.comではなくblogpost側の問題だったようだ。

blogpostとwordpress.comを試す


投稿と削除

blogpost でwordpress.comに書き込んでみる。ちゃんと書き込めたし,削除もできた。


一度投稿した記事の書き換え

書き換えたらどうなるのか試した。これもうまくいった。投稿,書き換え, 削除のいずれもblogspotから行える。これは楽だ。今後はこの組み合わせで 書きたい。


いくつかの問題

見出しは等号を行頭に書くことで表現するけど,見出しの右側に書いた等号 (AsciiDoc で認められている書き方)がそのまま表示されてしまった。ただし最高位の 見出しのみそうなる。

最高位の見出し(等号1つで表現)がそのまま記事の見出しになる。これは 投稿したら修正が効かないようだ。記事の見出しを書き換えたいと思ったら, 一度記事を削除して再登録するしかないらしい。

同じ記事名のまま削除と再登録を繰り返すと,その記事のURLの後ろに 番号がつく。まぁ,これくらいは仕方がないか。

あとは,書き換えた記事を投稿し直すと日付が未来になることか。 タイムゾーンを設定しているのにどうして? 日付が重要になる書き方はしていないから1日ずれるくらい どうということはないと思っていたが,更新をするたびに日付が1日 進んでしまう。これは困った。